<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

各地の○○煎餅 Part-24

せんべい Part - 24



煎餅食べた分、最近はちゃ~んとWalkingなんぞしてカロリーオーバーにならぬよう努力中
またまた、お嬢がお腹におさめた煎餅がたまりましたのでアップしま~す

うひゃひゃひゃx 300
10,000円札のお煎餅 (#^.^#) の登場です
e0250504_16122727.jpg

小麦粉系のお煎餅、1枚でズンとくるボリュームです!(^^)!
ついつい寝る前にブログアップしようと思って食べ始めたら美味しくてとまらず・・・1枚完食
イカンです夜中はっ

大分中津<渓月堂の壱万円札お札せんべい>terr さん
e0250504_16134180.jpg

福沢諭吉翁
『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』
かなり動揺のお嬢でありんす さすがにこの名言は知ってますが他には・・・???
福沢諭吉翁は、大分県中津市の出身
生まれは 1835年、大阪堂島の中津藩蔵屋敷
1歳6ヶ月の時に父がなくなったため、母と子供ら一家は郷里の中津へ帰り
貧しい中にも青年期を勉強に励んだ
現在、この旧居は中津の名所として多くの人々が訪れている

『壱万円札せんべい』は、福沢諭吉翁の多大な功績にちなんで謹製、
中津出身の明治の偉人を偲んでご賞味いただければ幸いに存じます
* お煎餅に同封されている説明書より抜粋


偉人を偲んで・・・
滅法、歴史に弱い(堂々と言う事ではないが)私はウィキりながら
ほほ~!へ~!なるほど!!と独りPCの前で呟きながら、お煎餅をボリボリ
ビックリしたのが
1977年(昭和52年)、最初の埋葬地から麻布善福寺へ改葬の際、
遺体がミイラ化して残っているのが発見された
外気と遮断され比較的低温の地下水に浸され続けたために腐敗が進まず保存されたものと推定された
学術解剖や遺体保存の声もあったが、遺族の強い希望でそのまま荼毘にふされた
* Wikipedia より引用

お腹も満腹、頭も満タンのお嬢であ~る(^o^)丿






続いては、鳥取<長いも煎餅&らっきょう煎餅> Sasano-haさん
e0250504_16172121.jpg

e0250504_16175049.jpg

鳥取県産の長いもを使用した揚げ煎餅、説明書どおり
ちょっぴりだけど食べた時にねばりが長いもを感じさせてくれます
お味の方は・・・よくよく考えたら<長いも>ってすったり千切りにしたり、天麩羅にしたりしますが
必ず塩やお醤油で味をつけるので その物の味ってよく思い出せない

このお煎餅は、黒胡椒味!よいアクセントになってまふぅ

らっきょう煎餅は、見た目と全く変わらず
味はしっかり、『うわぁ~らっきょうだ』です (感想それだけ!)
e0250504_16185142.jpg

鳥取県中部の砂丘地で栽培される『砂丘長いも』
砂丘畑のきめ細かい砂地で栽培される『砂丘らっきょう』
お煎餅もさることながら、それらも食べてみたいな~(#^.^#)

鳥取の某サイトより拝借した写真ですが ↑ らっきょうってこんな綺麗な花が咲くんだぁ~
見てみたいな~♪





先日、展示会を無事終えたKaoringoのお土産
沖縄<沖縄アグーせんべい>
e0250504_16231898.jpg

アグーとは・・・
琉球在来豚(幻の豚)アグー 原産国は中国っ!
1385年に琉球国(現沖縄県)に渡ってきた豚である
その後、沖縄の食文化をささえてきた豚
ビタミンB1(アミノ酸)を豊富に含み 低コレステロール値という特性に安全飼料による
健康肥育が磨き上げた豚肉の逸品

との事である

口蹄疫にならないでね、アグ~さん


このお煎餅は、特にここ数日の暑さにぴったり(^_-)-☆
原材料が面白い
馬鈴薯系の煎餅であるが・・・
エビ、トマト&キャロットエキス、リンゴ果汁、ビーフブイヨン、ワインエキスに粉末ソース
わかめ、焼酎???勿論、アグー豚入り(笑)





兵庫県姫路<喃風名物 - しっとりどろ焼きせんべい> 銀嶺さん
e0250504_16255273.jpg
お好み焼きでも、もんじゃ焼きでもない
どろ焼きっ
醤油味のだしを包み込み
こんがりと焼き上げた
表はパリっと中はトロっとした新食感!との事


e0250504_16273486.jpg

ちょっぴり湿気ったたこ焼きスナック味みたい
(でも食感といい、味といい、意外と好みである)
これもまた、お茶系よりもお酒ぇ~<>に合いますわにゃ♪

が、しかし
このどろ焼きとは何物かと調べてみた
(全く聞いた事も見たこともないもんで)

具材はお好み焼き 見た目はオムレツ
スプーンですくい、和風ダシに付ける食べ方は明石焼き
そんな新感覚の“粉モノ”「どろ焼」

東京・東池袋の鉄板焼き店「喃風」の看板料理と、とあるサイトで発見
一度、食べに行ってみよ~っと(●^o^●)



いつもお店で居合わせたお客様と一緒にお煎餅を食べる
でも必ず1枚はブログアップの際に再度味見するためお嬢用に取ってあるの
ランチしっかり食べた後に
むしゃむしゃと食べていたらお腹がいっぱいになってしまった



・・・ので



残りはまた次回アップしま~す



(はい、まだ続きありなんですわ、ウフっ)
[PR]
by 1000bay_yakko | 2010-06-07 16:37 | ○○風味せんべい