<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

各地の○○煎餅 Part-39

 せんべい Part - 39


 


 


いかんっ いかんっ 。。。 どんどんお煎餅の袋とメモが部屋にたまっていく
ブログアップをさぼりまくっていた お煎餅のお嬢でありんす (*^。^*)


三重県 湯の山温泉 <大名焼き 大石焼き> Sasanoha-san
e0250504_3383597.jpg

山の湯温泉の別名は 『鹿の湯』というらしいですね

昔むかし、1人の心優しい木こりが山で1頭の傷ついた鹿を見つけました
後をつけていくと鹿は谷川に傷ついた足をつけ、なにやら気持ちよさそう♪
その時、木陰に狩人の姿がっ!!! 木こりは大声をあげ、この鹿を逃がしてやりました
数日後、木こりの元にいつぞやの鹿が訪ねてきて、こう言うのです
危ないところをありがとうございました<(_ _)> 
あのくぼみには、怪我に効くお湯が湧き出てるんですよ

この伝説から、鹿の湯って呼ばれているとか。。。

さてさて、お煎餅の話をすると
ボールペンと比較を試みたのですが お分かりになりますか?
とにかく ドデカイのであります(笑) そして・・・硬いっ めちゃくちゃ硬い(^^ゞ
こんなに硬くて分厚い小麦粉系のお煎餅、初めてでやんした

大石焼きは、どうやらここ湯の山温泉にある<大石公園>にちなんでいるのかと
園内には日本一大きいといわれている御影石があり
大石内蔵助が訪れた際に思わずたたずんでしまったと 伝えられているそうでっ
他にも巨岩、奇岩が多く見られるらしい



長野県 <とろける黒豆チーズおかき> 大井君
長野のどこ?あちゃ~わからなくなっちゃった(涙)長野のスキー場よスキー場。。。
ちなみに製造元は 上水内郡信濃町 です

修正します(#^.^#) 長野黒姫です
e0250504_3411923.jpg

香ばしい黒豆にカマンベールチーズの濃厚な味がプラスされた
もち米100%のおかきデス (●^o^●)

こりゃ~ お茶でもビールでも いけまするよ ♪♪♪
(もちろん、夜中には食べませぬ アハハ)




宮崎 日南銘菓<飫肥せんべい>
宮崎のおウチに帰ったKimi-chan & 転勤先を久しぶりに訪ねた Fukai-san
時同じくして いただきました~
e0250504_342243.jpg

旧伊東藩(5万1千80石)の城下町に広がる飫肥(おび)の町
日南の地にあり、薩摩の島津と隣接しており
現在 飫肥杉などで知られるところ からのエントリーです

これはまた~ お煎餅として初の食感でやんすぅぅぅ
2枚重ねの " モナカの皮 " の間に、砂糖菓子が入っているような
なんとも 不思議ぃぃぃぃ な お煎餅
渋いお茶を飲みながら食べると最高 (^。^)y-.。o○



愛媛県伊予郡 <イワシ煎餅 - 醤油焼>  Kura-san
e0250504_3433013.jpg

薄味でゴマの風味がマッチして ばっちぐぅぅぅぅ(*^。^*) と拳をふりあげる私っ
冷えたみりん干しみたいです(これじゃ、表現が美味しそうじゃないね)
えええええ?これも煎餅?と思うお方も おいででしょうが
お嬢の煎餅定義の1つ(笑)である、【魚介類をのしたもの】は しっかりお煎餅なのです


愛媛と言えば いよかん、みかんなどが有名であるけど
イワシ漁も盛んなのかしら~と Wiki ってみたところ。。。
燧灘、伊予灘、宇和海という性質の異なる3つの海域に面し、それぞれ独自の漁業が
営まれているとのこと

燧灘、伊予灘でイワシが捕れそうだ(^.^)/~~~ 
好漁場であったが、資源が枯渇しつつあるらしい

ちょいと脱線するのですがね
* 地名<愛媛>の由来って?
古くは古事記上巻きのイザナギとイザナミによる国生みの段に
『伊予国は愛比売と謂ひ』とみえ のちに『愛比売』が『愛媛』へと転化
ふ~~~ん なるほどねっ!お煎餅でお勉強 ワハハ





静岡県清水市 <清水次郎長せんべい> うおまっちゃん
しみ~ずみなとの名物はぁあああああ  唄ってる場合じゃにゃいっ(笑)
e0250504_3451890.jpg

清水港は鬼より怖い 大政、小政の声がする

そんなに怖いの~~?!実は名前しか知らないのよね(-"-)

小麦粉系のお煎餅に次郎長にちなんだ焼印が押してある
ほんのり甘くて、ついついボリボリと(笑)

お煎餅の袋に<次郎長一家の名前>がづら~り
清水の次郎長、大政、小政 そして森の石松 。。。 これしか知らないお嬢

あとは
増川の仙エ門  追分の三五郎   法印の大五郎  桶屋の鬼吉   大瀬の半五郎
吉良の仁吉   伊達の五郎     関東の綱五郎  鳥羽の熊    相撲の常
清水の岡吉   小松村の七五郎  三保の松五郎  大野の鶴吉   国定の金五郎
田中の敬次郎  四日市の敬太郎  吉良の勘蔵   由比の松五郎  興津の清之助
問屋場の大熊  辻の勝五郎   舞板の富五郎  寺津の勘三郎  すみれのお嬢 

アハハ~ 勢い余って清水一家に自分の名前入れてみた(笑)

* 次郎長一家と無関係です、私 (#^.^#)

博打を止めた次郎長は 清水港の発展のために<お茶>の販路を拡大するのが重要と着目
静岡の刑務所にいた囚徒を督励し現在の富士市大渕開墾に携わった
などなど、へ~とか ほ~とか言いながら お煎餅をかじり Wikiってみているお嬢でした




東京浅草 <激辛 Special Curry 煎餅> Nari-san
e0250504_3492591.jpg

お煎餅は夜中に食べないっ! 夜中に食べるとグレムリンがギズモになっちゃうから
とワケのワカラン事を言ってる(笑)
とにかく 夜中にボリボリは禁止している昨今です

ななな なのに ある晩どうしても小腹がすいてしまって手に取ったこのお煎餅っ
辛いもの好きのお嬢は へへ~んだ!と甘くみていた(^^ゞ
辛い カライ とにかく カライ(涙)

お米系のお煎餅にこれでもかと言うほど カレー粉だか唐辛子だかがかかってました
ちょっと罰ゲームみたいだったのよぉぉぉぉぉぉ




愛媛松山 <道後温泉煎餅> 2種類 Kura-san
e0250504_3504334.jpg

小麦粉系のお煎餅 - まわりに砂糖がついてて疲れを癒してくれる、ほんのり柚子の香りも♪

e0250504_351878.jpg

道後温泉を代表する焼印が押された小麦粉系の優しい感じがするお煎餅
四国に行った事がないお嬢は、もちろん道後温泉の名前しか知らないんです
温泉好きなのにぃぃぃ。。。。。

道後温泉は、日本書紀にも登場するわが国最古の温泉なんだそうですね
温泉地には色んな伝説があって楽しい(^.^)/~~~

今回のブログで一番最初に載せた湯の山温泉は鹿
ここ道後温泉はと言うと
足に傷を負い苦しんでいた一羽の白鷺が岩間から噴出する温泉を見つけ、毎日飛んできて
その中に足を浸していたところ、傷は完全に癒えてしまい、元気に飛び去ったというものです。
これを見た人たちは大変不思議に思い、入浴してみると、爽快で疲労を回復することもでき
また、病人もいつのまにか全快したのです
そう、白鷺でした(●^o^●)




まだまだ お煎餅の袋がたくさん残ってます
早めに Part 40 をアップしようっと
という事で今回は ここまでです
[PR]
by 1000bay_yakko | 2011-02-26 14:45 | ○○風味せんべい